採用情報 RECRUIT

先輩インタビュー 亀岡工場 第一生産課
2014年4月入社
吉賀 健介

予期せぬ事態の臨機応変な対応が、腕の見せどころです。

不可能を可能にするチームワーク

私は主にマシニングセンタを用いた加工業務を担当しています。マシニングセンタとは、製品のもととなる素材に対して切削、穴あけ、ねじ立てなど一台で何役もの役割を果たす数値制御工作機械です。1ミクロン(1000分の1ミリ)単位の精度を要求される場合も多く、一つひとつの作業について慎重かつ丁寧に取り組んでいます。数値制御を行うためのプログラミングは生産技術が担当していますが、実際に現場で作業を行う際には、加工条件の微妙な違いや動作部の干渉など予期せぬ事態に遭遇することもしばしば。そんな時に、いかに臨機応変な対応ができるかが腕の見せどころです。個人の創意工夫では解決策が見いだせない場合には、当社のチームワークが発揮されます。以前、私にはどう考えても不可能に思える厳しい加工を要求された案件があったのですが、同じ職場の先輩をはじめ部品検査や生産技術のスタッフが集結し、それぞれ専門的な立場から意見を出しあって見事にやり遂げたこともあります。

夢を叶えてなお、高みを目指し続ける

子どもの頃から航空機関連の仕事に憧れていた私は、高校を卒業後、迷うことなく航空専門学校に進学。在学中に身につけた知識を活かしながら航空機関連の部品を製作している今、私の夢は叶えられたと言ってもいいでしょう。自分の手掛けた製品が航空機に搭載され、多くの人々の空の旅に役立っていることを誇らしく思っています。仕事にもやりがいがあり、高度なテクニックが要求される作業ほど夢中になって取り組んでいます。しかし、現状に満足しきっているわけではありません。マシニングセンタのオペレーターとして、さらに高度な技術を身につけ、社内外から確かな信頼を得られる存在になりたいと考えているからです。そんな私が今、力を入れているのが、技術者にとっての実力の証とも言える資格の取得。昨年は国家資格であるマシニングセンタ技能検定2級に合格し、現在は1級の取得に向けて対策勉強に取り組んでいます。社内の資格取得バックアップ制度も充実しており、受験費用や学科テストの対策資料代は全額支給。実技対策については、資格を取得している先輩社員が親切かつ丁寧に指導してくれるんですよ。この職場に後輩が入ってきたら、私もやさしく、わかりやすく教えていきたいと考えています。