採用情報 RECRUIT

先輩インタビュー 本社工場 技術係
2013年4月入社
國居 里美

設計から組立、検査まで、さまざまな技術を磨いています。

「見えないところほど丁寧に」がモットー

図面の作成から製品の組立まで、いろんな業務に挑戦したい人にぴったりなのが私の職場、本社工場の技術係です。ここでは社内外で描かれたさまざまな設計図を取りまとめて各部署に振り分けるだけでなく、その設計図をもとに製品を作るために必要となる試験機などの設計図を描いています。さらには航空機や自動車におけるコックピットの計器、船舶ではソナーのセンサー部の昇降機などの組立作業も担当。また、自分が設計した治具や試験機が実際に稼働するかについての検査を行うこともあり、試運転が上手くいった際には大きな達成感が味わえます。組立作業において心がけているのは「見えないところほど丁寧に」ということ。例えばギアボックス内のコード類は、カバーを取り付けると見えなくなってしまいますが、きれいに配線しておくことで、納品後のメンテナンス作業がスムーズに行えるからです。配電盤へのはんだ付けについても同様です。外側からは見えなくなるからこそ、万が一にも故障の原因とならないように、一つひとつの溶着作業を確実に行っています。設計については現在、主に2次元CADを用いて作図していますが、3次元CADを使用することも。製品の仕上がりイメージを任意の視点から見ることができる3次元CADは、複雑な形状も認識しやすいというメリットと面白さがあり、今後は使用する機会が増えていくものと楽しみにしています。

先輩や仲間に恵まれ、自分らしく働く日々

工業系の高等専門学校に通っていた私は、卒業と同時に明光精器に入社。とくに最近になって思うのは「就職先を中身で選んで良かった」ということ。私は母校のクラスメイトとよく連絡を取り合っているのですが、会社のことや職場環境、担当する仕事について、詳しく話せば話すほど羨ましがられています。自分の担当している製品についてきちんと説明を受けられるし、不明な点があればすぐ上司や先輩に確認できます。社内はアットホームな雰囲気で、人間関係で悩んだことはありません。自分らしくのびのびと働ける環境にとても満足しています。